一部の地域では発売日が異なります。お近くの書店でご購入ください。
ダイヤモンド社トップ > 雑誌 > 週刊ダイヤモンド

過去記事データベース

1999年以降のバックナンバーが記事単位で検索・購入できます。

特別寄稿 Special Contribution 公益資本主義の確立に向けて(下) 公式・非公式の「制度」を再設計する

2009.10.17号

〈研究チーム〉

〈アドバイザー〉

株主至上主義・市場万能主義の限界を明らかにした前週を受けて、今週はその原因を分析し、解決策としての「公益資本主義」確立の優位性をゲーム理論で示す。そのうえで、企業の利益と公益をバランスさせ、“プラスサム”状態への移行を促す方法は、「制度」の再設計にあることを提示する。

 今日の米国のコーポレートガバナンスでは、上場企業が公益を果たすことは難しい。理論上では、企業の支配権市場(すなわち株式市場)は社会の経営資源を効率よく分配するが、実際には深刻な問題を引き起こしている。 たとえば、企業の買収において株主が儲ける方法は二つある。一つは、実際に新しい価値を創出し、企業価値を高める方法。もう一つは、既存の企業価値における株主の取り分を拡張するという再分配の方法である。事業上の長期シナジーが明確な、同業他社との戦略的な合併などでは、前者の価値創出型の買収が多い。後者には、従業員の給与削減やリストラ、製品品質の引き下げや値段の引き上げ、資産...

この記事の続きを読むには有料(100円~400円)となります。
この記事を購入する

過去記事データベース

1999年以降のバックナンバーが記事単位で検索・購入できます。

supported by デジタルワン株式会社

長期購読で最大49%OFF

定期購読を申し込む 定期購読とは

お支払いらくらく月払い

月払い購読を申し込む 月払い購読とは

全国送料無料でお届け

最新号を購入する 単号購入とは

ダイヤモンド・サービスセンター

受付時間(平日)9:00~18:00

その他、定期購読に関するお問い合わせ・ご連絡等がございましたら、こちらまでお問い合わせください。

文字サイズを変更する